tadacchi blog

食べ歩きが趣味の京都大学大学院生。年間400食は食べ歩きします。 観光案内や、東京・関西圏の安くて美味しいお店についてつらつらと。☆が付いているお店は特にオススメです。

連絡・依頼はこちらまで。 tadacchi923あっと(@に変えてください)gmail.com

和食のまち、京都。数多くのおばんざいの名店がある一方で、フレンチやイタリアンの名店はやや少ないと言われております。

その中でも、京都人が足繁く通う超人気店がありました。それがここ、イカリヤ食堂です。

2015年ミシュラン京都にてビブグルマン(安くて美味しいお店)に選出されたこのお店。
今回はスチーム野菜のパンナバーニャカウダ、ラザニア、名物のココットスフレフロマージュとまる鶏のコンフィを注文しました。

image


image


image


image



美味しい。全てのメニューが価格を圧倒的に上回る美味しさ。

名物のココットスフレフロマージュはふわふわっとした食感に繊細な味付け。丸鶏のコンフィはパリッとした香ばしさの中に、に仄かな甘み感じることができる。コンフィといったら以前ご紹介したプティラパンもお勧めですが、ここもかなりの実力です。

image


デザートも抜かりなし。


ディナー、女子会、デート。どの用途でも使えます。
学生にとってここまで心強いビストロは京都には中々無いでしょう。


さらには川床。なんと5月以降からは川床が開放されます。先斗町のよく分からないお店行くよりイカリヤ食堂行った方がいいと断言できますね。

土日限定でやっているランチはさらにお手頃価格です。川床でリーズナブルに、間違いなく美味しいお店に行きたい方は是非。


◆参考情報
用途:ランチ、川床ディナー、デートなどに。男性2人ではちときついかも
待ち時間:予約はマスト。繁忙期は中々予約が取れません
席数:京都名物川床あり
一人当たりの費用:たらふく食べて3000〜5000

イカリヤ食堂
075-276-2067
京都府京都市下京区木屋町団栗橋下ル斎藤町138-2

オトボケ、三品、武道家 etc…早大生が愛する店があるように、京大生が愛する店も勿論あります。その中でも絶大な人気を誇るのはこちら、とんかつのおくだではないでしょうか。

image



写真のみそかつ定食や、ロースかつ定食が880円。その他のメニューも大体1000円前後です。

おくだのとんかつの特徴。それは、小さな口ではかぶりつけないほどの肉厚さと、いとも簡単に噛み切れてしまう柔らかさ。脂のジューシーさもバランスが良く、「このレベルのとんかつが1000円前後で食べられるのか!」と驚かされました。

毎日京大生でごった返すのも頷ける、コスパのいい名店です。京大生は勿論のこと、そうでない人も是非。


◆参考情報
用途:ランチに、ディナーに(店内は昔ながらの風情です)
待ち時間:0〜40分。日によっては京大生が行列しているので結構待つ恐れが
席数:そこまで無し。回転率も良くはない。
一人当たりの費用:800〜1300

おくだ
075-722-0965
京都府京都市左京区田中里ノ前町55

食べログで絶大な人気を誇る(星3.94)、北新地 福多亭に行ってきました。


窯焼きステーキが食べられるディナーは1万円以上するので、ジャンルとしては高級店に入るでしょう。重厚感溢れる、洗練された内装が特徴的です。制服を着こなす給仕の方もいらっしゃいますよ。


学生にも優しい価格のランチメニューは近江牛漆黒カレー(1200円)と自家挽きハンバーグ(1500円)。食べ歩き仲間からハンバーグが美味しいと聞いていたので、ハンバーグを注文しました。

image



箸で割った瞬間、じわっと肉汁が溢れ出してきた。

美味しい。これは凄い。


自家製挽肉をふんだんに使用したハンバーグからは、抜群の旨味と肉感が感じられる。

そして特筆すべきはデミグラスソース。普通レベルのハンバーグを食べると、デミグラスソースの風味が強すぎてハンバーグ本来の旨味を阻害している事が多々あるのですが、それが全く無い。

堅固な肉感のハンバーグの土台に、深みのあるデミグラスが絶妙に被さりたまらない風味へと昇華。ここまで絶妙なアシストをするデミグラスソースは初めてです。


ここ最近食べたハンバーグの中で最高ですね。これは参りました。


福多亭含め、北新地のランチは大阪トップレベルのクオリティだと思います。既に10店舗ほどストックがあるので期待していてください!

◆参考情報
用途:一人で、デートに、ディナーに、接待に。社会人向け
待ち時間:人気店なので待つかと思いきやすんなり入れました。ディナーは予約をしましょう
席数:少なめ
一人当たりの費用:ランチ1200〜1500、ディナー12000〜20000

↑このページのトップヘ