tadacchi blog

食べ歩きが趣味の京都大学大学院生。年間400食は食べ歩きします。 観光案内や、東京・関西圏の安くて美味しいお店についてつらつらと。☆が付いているお店は特にオススメです。

2015年04月

オトボケ、三品、武道家 etc…早大生が愛する店があるように、京大生が愛する店も勿論あります。その中でも絶大な人気を誇るのはこちら、とんかつのおくだではないでしょうか。

image



写真のみそかつ定食や、ロースかつ定食が880円。その他のメニューも大体1000円前後です。

おくだのとんかつの特徴。それは、小さな口ではかぶりつけないほどの肉厚さと、いとも簡単に噛み切れてしまう柔らかさ。脂のジューシーさもバランスが良く、「このレベルのとんかつが1000円前後で食べられるのか!」と驚かされました。

毎日京大生でごった返すのも頷ける、コスパのいい名店です。京大生は勿論のこと、そうでない人も是非。


◆参考情報
用途:ランチに、ディナーに(店内は昔ながらの風情です)
待ち時間:0〜40分。日によっては京大生が行列しているので結構待つ恐れが
席数:そこまで無し。回転率も良くはない。
一人当たりの費用:800〜1300

おくだ
075-722-0965
京都府京都市左京区田中里ノ前町55

食べログで絶大な人気を誇る(星3.94)、北新地 福多亭に行ってきました。


窯焼きステーキが食べられるディナーは1万円以上するので、ジャンルとしては高級店に入るでしょう。重厚感溢れる、洗練された内装が特徴的です。制服を着こなす給仕の方もいらっしゃいますよ。


学生にも優しい価格のランチメニューは近江牛漆黒カレー(1200円)と自家挽きハンバーグ(1500円)。食べ歩き仲間からハンバーグが美味しいと聞いていたので、ハンバーグを注文しました。

image



箸で割った瞬間、じわっと肉汁が溢れ出してきた。

美味しい。これは凄い。


自家製挽肉をふんだんに使用したハンバーグからは、抜群の旨味と肉感が感じられる。

そして特筆すべきはデミグラスソース。普通レベルのハンバーグを食べると、デミグラスソースの風味が強すぎてハンバーグ本来の旨味を阻害している事が多々あるのですが、それが全く無い。

堅固な肉感のハンバーグの土台に、深みのあるデミグラスが絶妙に被さりたまらない風味へと昇華。ここまで絶妙なアシストをするデミグラスソースは初めてです。


ここ最近食べたハンバーグの中で最高ですね。これは参りました。


福多亭含め、北新地のランチは大阪トップレベルのクオリティだと思います。既に10店舗ほどストックがあるので期待していてください!

◆参考情報
用途:一人で、デートに、ディナーに、接待に。社会人向け
待ち時間:人気店なので待つかと思いきやすんなり入れました。ディナーは予約をしましょう
席数:少なめ
一人当たりの費用:ランチ1200〜1500、ディナー12000〜20000

出町柳駅を出てすぐ。そこには、京大生が足繁く通う町家カフェ「さるぅ屋」があります。実は、かれこれ10回近く通っているお気に入りの店なんです。

image


ハンバーガーの価格は870円。チーズやアボカドをトッピングすると1000円前後になります。京大近辺の飲食店ではやや高めですが、本格的なハンバーガー専門店の中では安い方じゃないでしょうか。


一口ぱくっと。


驚かされました。なんてさっくりした美味しいバンズなんだろう。ぱりっと焼けた香ばしさと、中のふんわりとした柔らかさがたまらない。


A&G DINER、KUA AINA、Baker Bounce、Hungry Heaven、Reg-On Diner、AS CLASSIC DINER etc…東京の有名ハンバーガー店には数え切れないほど行きましたが、今までで一番美味しいバンズかもしれない。そう豪語できるほど、感動できるバンズが楽しめます。

パティからもしっかり肉感が感じられ満足。といっても、バンズが美味しすぎてメインのパティの印象が薄いという…笑

食べやすいように半分に切られているのも嬉しい所。バンズを潰すのは勿体ないので、大きく口を開けてかぶりつきましょう。

京大周辺ではかなりお勧めできるお店です。色んなメニューがありますが、先ずはハンバーガーを食べてみましょう!

◆参考情報
用途:ランチに、ディナーに、デートに
待ち時間:何度も来たことがありますが今の所待った事はありません
席数:結構あり
一人当たりの費用:800円〜1300円

さるぅ屋
075-203-6552
京都府京都市左京区田中下柳町14

ラーメン激戦区、高田馬場〜早稲田界隈で絶対に外せないお店。それは、早大生のソウルフード「武道家」と、この「らぁ麺 やまぐち」でしょう。

濃厚系が大好きな早大生からは賛否両論のやまぐちですが、個人的には淡麗系では他の追随を許さない超名店だと思っています。「早稲田の近くにこんな美味しいラーメン屋あっていいの?」ってくらい。

あまりの美味しさに感動し、開店当初から通いつめているくらい気に入ってました。そしてこの度、ミシュランビブグルマン2015(コストパフォーマンスに優れたお店に授与する賞)を受賞したようです。流石。

それでは至極の一杯を見てみましょう。

image


透き通った色合いに鮮やかな盛り付け。ビジュアルから貫禄が伝わってきます。

一口啜ると思わず笑みがこぼれてしまった。小麦の豊かな香りとつるりとした食感が味わえる中細麺に、醤油のキレと鶏の旨味が際立つスープ。二つの相性は最高だ。時間と共に麺がスープを含み、食感の変化が楽しめるのもたまらない。

まさに淡麗系の極みといっても過言ではない圧倒的な完成度。参りました。

早大生で評価が分かれていることから万人受けするラーメンではないようですが、淡麗系好きな人は絶対に行ってもらいたい超名店です。

◆参考情報
用途:友人とのランチ・ディナーに、一人で
待ち時間:私が通いつめていた時は0〜30分くらいでしたが、ミシュランで選ばれたことからかなり待つかもしれません
席数:普通のラーメン屋くらい
一人当たりの費用:700〜1000

らぁ麺やまぐち
03-3204-5120
東京都新宿区西早稲田2-11-13


二条城夜桜ライトアップ2015の次は、京都人から高い人気を誇る東寺の夜桜ライトアップ2015です。観光指南も下に書いてあるのでご覧ください。

東寺ライトアップの見所はなんといっても不二桜と五重塔。

image


image


image


樹齢120年を超える八重紅枝垂桜(不二桜)と55mの高さを誇る五重塔の魅せる幻想的な光景は、一生忘れることができないでしょう。


image


image


見上げる空一面、桜景色。
淡い桃色の花びらが幾重にも重なり、風景に溶け込んでいく。

東寺の桜は、今日も人々を魅了するために満開の花で夜空を彩っていることでしょう。


是非、大切な人と来てください。
心を打つ景色があなた達を待っています。






















まぁ多田は一人で行きましたけどね(二条城ライトアップ後に解散してしまったという言い訳を残しておきます笑)


【詳細】
実施日時:3月22日(日)~4月12日(日)
入場料:一般500円/小人300円
受付時間:午後6時半~午後10時(入場受付9時半まで)

【観光指南】
4月2日(木)の午後8時40分に訪問。
午後7時50分に来た時は長蛇の列ができていましたが、8時40分だとほぼ待ち時間無しで入れました。
4月3日から雨が続くので、なるべく早く観光することをお勧めします。

↑このページのトップヘ