tadacchi blog

食べ歩きが趣味の京都大学大学院生。年間400食は食べ歩きします。 観光案内や、東京・関西圏の安くて美味しいお店についてつらつらと。☆が付いているお店は特にオススメです。

2015年05月

京都で最も人気のあるチョコレート専門店を挙げろと言われたら、僕は迷わず「マリベル」と言うでしょう。
マリベルはニューヨーク発祥の高級チョコレート店で、ヒラリー・クリントンや生前のスティーブジョブズが通い詰めた事で有名なお店です。

なんと、日本で店舗があるのは京都だけ。京都が「ものづくりの街であり、古き良きを大切にする」ことから、京都のみで出店する事を決めたみたいです。


そして、そのマリベルが手がけたお店が、こちらのカカオマーケットbyマリベル。

以前ブログでこちらの隠れカフェをご紹介しましたが、肝心の店舗に関しては記事を書いていなかったので今回書いてみました。

鴨川を間近に臨む川端通り沿いにあるこちらのお店。日本で最も色彩にうるさい京都において、景観賞を受賞。女性なら絶対に入りたくなる可愛らしいお店です。

店内に入ると、お店の徹底した拘りに驚かされます。中ではガブリエル・ミカエル・ラファエルという三人の天使がお出迎え。私達の買い物を暖かく見守ってくれています。

店内のお洒落さについて書くとキリがないので、そろそろ肝心のメニューについても書きますね笑

まずはジェラートを。

image


チョコ専門店の真髄が心ゆくまで味わえるミルクチョコレートもさることながら、ふわっとした甘みが余韻を残すシングルモルト。これ。これが美味しいんだ。


次は、お店のメインである量り売りチョコレート。可愛らしさ満載のケースに、様々な種類のチョコを自由に入れることができます。

image


image


ダークチョコ、ミルクチョコといった定番どころから、クランベリーホワイトなどのフルーツディップタイプまで。

ここのチョコレート、格段に美味しい。
口の中に広がる贅沢な香り。そして、深く、奥行きのある上品な甘さ。これは、砂糖を使わず、素材本来の甘みを最大限に引き出したからこそ。圧巻の美味しさだ。

僕はマックスブレナーのような海外の大味チョコより、エスコヤマやル・ショコラ・デュ・アッシュのような日本人ショコラティエによる繊細さが際立つチョコレートの方が好みなのですが、マリベルのチョコは大好きです。

チョコレートにうるさい方も、きっと気にいることでしょう。なんたって、僕が1万円以上チョコを購入したお店ですから。

ちなみに、お勧めチョコレートは以前ホワイトデーの記事でまとめたので、どうしても美味しいチョコレートが食べたい方はこちらもぜひ。

◆参考情報
用途:デートやお土産に
待ち時間:賑わってますが待ち時間はほぼ無し
席数:テラスに3席ほど
一人当たりの費用:1000〜3000円

カカオ マーケット バイ マリベル/食べログ
075-533-7311
京都府京都市東山区常盤町165-2

河原町駅から少し南。そこには、森鴎外の「高瀬舟」の舞台になった場所、高瀬川があります。

今回ご紹介するのは、その高瀬川沿いにひっそりとある「TAKASEGAWA」というお店。京都生まれ京都育ちの食通の友人が絶賛していたので、早稲田時代の友達の財力を借りて来てみました。

店内はカウンターのみの8席。こじんまりとしたバーのような雰囲気が特徴的です。

それでは料理の写真を。


まずは炭焼き野菜の盛り合わせ。

image


一口ごとに、野菜の濃厚な旨みと甘みがしっかりと伝わってくる。これは美味しいぞ。他の料理にも期待が持てる。

次に串焼きおまかせ6串。

image


素材そのものの良さと、炭焼きの技術が光る逸品。ここまで美味しい炭火焼の串は久しぶりに食べました。

そして白肝。

image


トロリとした濃厚な味わい。これはたまらん。うますぎる。

その他も卓越した美味しさでした。期待を必ず上回ってくれるメニューばかり。

image


image


image



店主の人柄も◎。一見にもかかわらず、きさくに話しかけてくださりありがとうございました。

二人で食べて飲んで1万5000円くらい。やや学生には高めですが、この価格でここまで心から美味しいと思えるお店は中々ありません。

社会人になったら常連になろう。そう思わせてくれた良店でした。京都で炭火焼を食べたくなったらぜひ。

◆参考情報
用途:飲み、デートなど。社会人向け
待ち時間:予約しましょう。予約無しだと入るのは難しい模様
席数:カウンターのみ8席
一人当たりの費用:4000〜1万。やや高めだが払う価値あり

京都が誇るステーキ丼の名店、佰食屋。2〜3時間待ちは当たり前の超人気店ですが、なんとこの佰食屋が河原町すぐの所にすき焼き専門店をオープンしました。

町家風の店内に入ると、そこは温かみのある内装がお出迎え。
ステーキ丼の佰食屋に比べてまだ知名度が上がっていないようで、すんなり入ることができました。


メインメニューはすき焼き定食、味噌鍋定食(両方とも1000円)、20食限定のサイコロステーキ定食(1200円)の3つ。全てに国産牛を使用しているにもかかわらず、この値段設定は流石佰食屋といったところですね。

提供時の写真はこちら。

image


5分ほど待つとちょうどいい感じに。

image


肉の味、ボリュームとも申し分無し。
国産牛ならではのとろけるような味わいと、甘じょっぱい割下。それに、溶き卵の濃厚な旨みが合わさり、強烈な旨みを演出している。これが1080円とは。流石佰食屋、恐れ入りました。

すき焼き定食、味噌鍋定食の両方を食べましたが、個人的にはすき焼き定食の方が好みですね。今度はサイコロステーキ定食も試してみようと思います。


◆参考情報
用途:一人で、ランチに、ディナーに。一人でも結構入りやすい雰囲気です
待ち時間:現段階では無し
席数:そこまでないかな
一人当たりの費用:昼も夜も1000円程度。安い

佰食屋 すき焼き専科/食べログ
075-361-2900
京都府京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町187

日本トップクラスの高級店がひしめく麻布十番〜六本木界隈。その中で、安価でヘルシーな肉鍋が食べられるお店を紹介してもらいました。

image


写真は名物のもや鍋(2800〜)。特注の巨大鍋のふちに盛り付けられたA5和牛は、旨みと脂の甘みが打ち出されていて美味。

それに、細めでシャキッとした食感のもやしが合わさり、万人が「美味しい!」と思える工夫が凝らされている。

サイドメニューや〆のラーメンも手抜きの無い完成度でした。


料理には全く関係ないのですが、トイレの左側が全面ミラー張りということで、中々シュールです。こんなところでありのままの姿を見せつけられると堪えるものがありますね。

一人当たり1万円を越すことが多い麻布十番〜六本木界隈では良心的な価格設定じゃないでしょうか。女子会や合コンにもお勧めできます。

◆参考情報
用途:デート、合コン、飲み会に
待ち時間:予約は入れた方が賢明です
席数:結構あり
一人当たりの費用:4000〜8000。麻布十番あたりでは比較的安いかと

イマサラ 麻布十番本店/食べログ
03-6436-0299
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番 8F

「パンの消費量日本一の場所」。そう聞いたら、東京や神戸を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、パンの消費量日本1位は京都なんです(2015年現在)。僕も京都に引っ越すまでは知りませんでした。

同志社大学等がある今出川通りは「パンストリート」と呼ばれるほど。そして、今回ご紹介する「ル プチメック」は、そのパンストリートの中でも特に高い人気を誇る名店です。

店舗は京都にある本店の今出川店・写真の御池店・大丸京都店。東京にも新宿マルイ店がありますよ。

ちなみに店舗ごとによって特徴があって、本店はベーシックな味付けのパンが多め、御池店はサンドイッチ系が豊富、大丸京都店はベーグルとドーナツが中心になっています。

image



ル プチメックの特徴を3つで表すならば

1.この価格帯でこの美味しさは中々無い
2.ハード系・惣菜系パンのレベルが高い
3.京都人に聞くと「ルプチメックが一番」という人が本当に多い

ということでしょうか。東京店含め全てのル プチメックを巡りましたが、その度に美味しさに驚かされます。

価格帯的には私が特にお気に入りのゴントランシェリエと同じくらいもしくはやや安めで、クオリティも負けず劣らず。つまり、低価格〜中価格帯のパン屋では相当なレベルの高さ。系統的には渋谷のVIRONに似てるかな。

上記しましたが、特にハード系・惣菜系のパンは秀逸ですね。さっくり、もちっとを体現した、お手本のようなパン。ワインやチーズとの相性も最高かと。

万人受けする、京都きっての有名店です。興味ある方は、まず最初は今出川本店に行ってみてくださいね。

◆参考情報
用途:店内でカフェ、テイクアウト
待ち時間:テイクアウトはほぼゼロ。イートインは人気のため待つかも
席数:少なめ
一人当たりの費用:200〜2000。私はよくまとめ買いするので1500円くらい使います

ル・プチメック 御池
075-212-7735
京都府京都市中京区衣棚通御池上ル下妙覚寺186 ビスカリア光樹 1F

↑このページのトップヘ