tadacchi blog

食べ歩きが趣味の京都大学大学院生。年間400食は食べ歩きします。 観光案内や、東京・関西圏の安くて美味しいお店についてつらつらと。☆が付いているお店は特にオススメです。

カテゴリ: 京大公共政策受験対策

久しぶりに食レポ以外の記事を書こうかと。

京都大学公共政策大学院、京都大学法科大学院などでは合格発表がされましたね。
合格を勝ち取った方、本当におめでとうございます。

既に関西圏に住んでいる方なら実家から通えると思うのですが、大学院となると関東から進学される方も結構いますよね。私も早稲田大学から京大院への進学、しかも初めての一人暮らしだったため京都での物件探しは大変でした。大学院の先輩に聞いたり、ネットで調べたり、実際に現地に行ってみたり...
実際に京都に住んでみると、オススメされた場所には住まなくて良かったーと思うことが結構ありました。北山とか一乗寺とか。

この記事は就活をする予定で、今まである程度都会に住んでいた人向けです。
そうでない人にも参考になるように書いたつもりなので、よかったら見てください。


【京都に住む前に覚えておきたい知識】

1.繁華街は三条・四条のあたりだけ
東京の場合、渋谷・原宿・新宿・池袋・上野・六本木など沢山の繁華街がありますが、京都の場合、繁華街といえるのは三条・四条のあたりだけです。駅名で言うと河原町・祇園四条・四条・京都市役所前・烏丸御池あたり。
三条~四条のあたりより上に行っても、下に行っても繁華街といえるほど栄えている場所はありません。これは頭に入れておきましょう。
つまり、電車や自転車でここらへんまですぐ行ける場所に住むことをオススメします。

2.京都は自転車都市。そうはいっても駅チカがいい
京大に進学する際によく聞く言葉「京都は自転車都市だし、大学まで自転車ですぐ行けるから駅からは遠くても大丈夫だよー」。これに惑わされてはいけません。
ロースクールや大学院研究科など、大学近くから殆ど離れない人はまだしも、就職活動がある人は京阪線・阪急線沿線近くにしましょう。家賃の安さにつられて駅から遠いところの物件を借りてしまうとほぼ間違いなく後悔します。
就職活動を迎えると、大阪に行く機会が頻繁に増えます。京阪線の終点である淀屋橋、阪急線の終点である梅田には数えきれないくらい行くハメに。
ですので、この二つのアクセスが容易な場所に住むのが良いですね。なお、叡山電鉄は殆ど利用しないので、「叡山電鉄○○駅徒歩3分!」みたいなのは無視しましょう。大事なのは阪急線と京阪線です。

3.東京に比べて家賃は安め。しかし、敷金・礼金・共益費・更新費などがかかる
東京のべらぼうに高い家賃に比べたら京都の家賃はかなり安めです。同じような物件でも1~2万くらいは安いんじゃないかな。ただし、敷金や礼金に加えて、共益費や更新費といったものがかかる物件が多いのが京都の物件事情です。家賃は安いのにトータルでみたら結構高い、ということも多々あるので、物件選びをする際は家賃だけでなくトータルの金額を聞くようにしましょう。

4.暑い。寒い。間違いない
夏は暑く、冬は寒い。それが京都の特徴です。正直言って、東京とは比較にならないくらい寒暖の差が激しい。なので、木造とかに住むのは金銭的に困っているとかでない限りオススメしません。
友達や彼女を呼んだ際に防音も気になる事でしょうし、木造や鉄骨ではなく鉄筋コンクリートの物件を選んだ方が無難ですね。

5.物件選びの際、エリッツや京都ライフなど賃貸会社をハシゴして回ろう
京大吉田キャンパスの近くには大量に賃貸会社があります。せっかくなので、一社だけでなくいろんな賃貸会社を回って条件に合うところを選びましょう。

私の場合は
・2年間で130万円以内
・敷金はかかってもいい(返ってくるから)けど礼金はなるべく安めのところ
・京大と出町柳駅の間くらいの場所
・風呂はユニットで(家賃を下げたかったから)
・友達を呼びたいから防音がとても重要
・6畳以上

という条件で3つの賃貸会社を回りました。なお、京大生協の住まいさがしはあんまりという感じです。学生目線のありがたいところなのですが、なにぶん物件数が少なすぎて・・・。


それでは、私がオススメする京都一人暮らしの場所ランキングです。

【京大進学者の住むべき場所ランキング

3位:東山周辺
・メリット
①治安が良い
②地下鉄東西線が通っている
③京阪線が使える三条まで徒歩範囲
④バスが沢山通っている
⑤街並みが綺麗

・デメリット
①京阪線・阪急線を利用する場合は結構歩く必要あり
②家賃やや高め
③徒歩で京大に通うのは大変
ことから3位にランクイン。

大学からは若干遠いですが、自転車で十分に通える範囲です。雨が降った場合でもバスが沢山あるので大学には行きやすいです。観光名所も近くにあり、治安がいいので女性にオススメしたい場所ですね。一方で、アクセスはやや劣るので男性は2位か1位の場所を勧めます。


2位:三条~三条京阪駅周辺
・メリット
①京阪線が通っている
②地下鉄東西線が通っている
③飲食店には困らない。美味しいお店も多い
④京大も自転車だと割と近く
⑤バスが沢山通っている
⑥阪急線が通っている河原町駅まで徒歩範囲
⑦ショッピングには全く困らない

・デメリット
①出町柳と違って京阪線始発でないため、座れない可能性あり
②繁華街のため若干騒がしい
③家賃やや高め

であることから2位にしました。徒歩で大学に行くにはやや遠いので自転車通学になりますが、自転車だと15分もかからない程度です。家を友達の溜まり場にしたい人、徒歩通学したい人は1位の出町柳~京大の中間地点周辺、そうじゃなくて大丈夫な人はこちらでいいんじゃないでしょうか。
三条京阪に住んでいる大学院同期は「電車のアクセスはいいけど自転車で大学院通うのが億劫な時がある」と言ってました。


1位:出町柳駅~京都大学の中間地点周辺
・メリット
①京阪線始発で確実に座れる
②大学まで徒歩圏内
③出町柳駅まですぐ
④京大の生協食堂が利用できる距離
⑤上記二つに比べて家賃安め
⑥チェーン店系の飲食店が多い
⑦大学の友達を呼びやすい
⑧バスが利用しやすい

・デメリット
①友達の溜まり場になる恐れ(メリットと感じる人もいるだろうけど)
②本当に美味しい飲食店があまりない
③京阪線の初乗り運賃が210円とやや高い
④夜は明かりが少なくて若干さみしい

出町柳駅周辺、京大周辺ではありません。出町柳駅と京大の間であることが重要です。実際今このあたりのエリアに住んでいるんですけど、大満足ですね。出町柳駅に近いので就活がしやすく、大学も近い。友達を呼びやすいのも得がたいメリットです。

以上3つがオススメ地区になりますが、個人的には1位と2位の中で選ぶことを勧めます。
もし他に聞きたいこととかありましたら気軽にメールかコメントお願いします!


京大公共受験体験記、一次試験編です。

一次試験当日:準備】 

試験で頭を働かせるため、なるべく早めに起きました。

熱めのシャワーを浴び、昨日買ったコンビニおにぎりとバナナほうばった後、リポビタンDを飲みつつ記述対策の参考書(前日編参照)を読んで準備。時間に余裕を持って出ましょう。

私は四条河原町からバスに乗って京大に行ったのですが、今思えば無理にバス使う必要なかったですね。
バスの乗り間違えは京都に住んで3ヶ月になっても度々してしまうので、むしろ出町柳駅から歩いても良かったんじゃないかと思います。

心配性な人は、前日に京阪線で出町柳駅まで行き、そこから歩いて京大への道のりを確かめるのがオススメです。京阪線は電車の本数結構ありますし、遅延の心配は殆どありません。


バスで京大に着くと、そこから試験会場まで向かいます。定刻になって試験スタート。

筆記試験:英語

午前中は英語の試験。過去問と同じく、3問から2問選択して英文和訳する問題でした。

英語の問題形式については過去の記事に載せています。

まず、ずっと対策を重ねていた法律系の英文訳から取り掛かることに。



あれ...全く読めない....


5行くらい訳してみましたが、全く理解ができない。本当に焦った。
この問題は解かない方がいいと判断し、政治系の英文に切り替え。

筆記用具はボールペンしか使用できないので、文章訳を問題用紙に書き始めていたら死んでいました。

試験を受ける皆さんは、ある程度文章を読んで、内容が理解できるかどうかを判断してから問題用紙に訳を書きましょう。絶対に。

次に選んだ政治系の文章は、各国の政治体制の比較に関して。あまり知識はなかったのでしどろもどろになりながら訳すハメに。最初に捨てた法律系の文章に時間を使ってしまったので、時間をかけて訳すのではなくスピード重視で訳しました。

そして最後の国際系の英文。国際援助に関してがテーマだったのですが、大ポカしました。donor(提供国)をdoctorに読み間違えしていて、支離滅裂な文章訳をしてしまう。途中で気づいても、ボールペンなので訂正できない。どうにでもなーれ☆と思いながら英文訳してました笑

英文訳が1/3終わらない状態で試験終了。これは絶対落ちたと肩を落とす。
ちなみに、私が受けた年の英語はTOEFL87点の受験友達も難しいと言ってました。


【筆記試験:専門試験】

時間内に専門科目を2題解く形式です。憲法、行政法を選択しました。


・憲法

問題1
憲法96条1項を改正し、憲法改正のための国民投票を廃止して、各議院の総
議員の3分の2以上の賛成で、国会が憲法を改正することができるようにしたとする。こ
のような憲法96条1項の改正に関する憲法上の問題点について論じなさい。

問題2 嫡出子と非嫡出子の法定相続分を定める民法900条4号ただし書の合憲性に
ついて論じなさい。 

について出題されました(私が何期生か分かりますね笑)。

そして多田はこの問題を見て焦る。

問題2はしっかり対策していた範囲だったので(ちなみに一橋公共もコレが出ました。京大公共との問題の関連性はないと思いますが)のでガッツポーズ。しかし、問題1が殆ど対策してませんでした。

今までの過去問で司法についてが出題されていなかったので、憲法改正より司法が出るだろうと踏んでいたのです。これはやらかした。

対策をしていた問題2を解いた後、問題1を飛ばして行政法の問題に移ることに。


・行政法

問題1
行政立法について、具体例を挙げつつ、説明しなさい。

問題2 
義務付け訴訟について、具体例を挙げつつ、説明しなさい。

どうですか?民法選択しようと思った方も、行政法にしようと思いませんか?笑
明らかに簡単な一行問題です。都庁よりもずっと簡単だと思う。

筆記試験対策編でも書きましたが、この問題2は駄問でしょう。

専門試験は六法が貸し出されるので、義務付け訴訟についてなんかほぼ六法丸写しゲームになるじゃないですか。 実際、私は試験前でも六法丸写しになる問題は出ないと踏んで、対策してませんでした。

ただ写すだけなので対策しなくてもかけましたけどね。実際、点数も高かったですし。

問題1の行政立法については今年絶対出るだろうと思っていたのでほぼ満点答案を書くことができました。


行政法の問題を二つ片付けて、最後に殆ど分からない憲法の問題1に取り掛かることに。しどろもどろな答案を少し書いた後に時間修了の合図が鳴る。

感覚的に、これは落ちただろーと思いました。

【試験終了後】

どーせ落ちるんだし、せっかくなら京都観光を楽しもうと決意。受験友達と京都駅近くの吟醸久保田でラーメンを食べた後、一人で四条河原町→祇園→八坂神社→二年坂・三年坂→そこから歩いて伏見稲荷まで行き、深夜の一人伏見稲荷登りをしました笑

伏見稲荷山登り後は、京都駅近くの漫画喫茶で宿泊。次の日は大阪観光を満喫しました。楽しかったなぁ。


東京に戻った後、どーせ院試落ちたし、民間就活でも始めるかぁと思ってリクナビマイナビに登録。就活準備をしていたところ、郵便物が届く。

なんと、一次試験通過してました。

これには流石にびっくり。試験ザルだったのかなとおもいきや、受験友達の多く(特に男)が落ちていたので、行政法のお陰で合格できたんだろうなと思います。リクナビマイナビを退会して、面接練習に励むことに。


こんな感じでした。受験生の皆さんは参考にしてくださいね!

京大公共受験対策関連の記事もそろそろ終わり。
今回の記事では受験日前日の流れを書きますね-。

【一次試験前日】

東京組の自分は、前日の昼ぐらいから新幹線に乗って京都に着き、ビジネスホテルでのんびりする....つもりだったのですが、なんと大型台風により新幹線が圧倒的に遅延。

覚えている人もいるかもしれませんが、昨年京都の桂川が大氾濫して、嵐山付近が浸水した時の日です。


東京から京大公共の受験に向かっている友達と連絡を取り、新幹線の予定を確認。
結局新幹線に乗れたのは16:00くらいでした。

やっと新幹線に乗れたと思いきや、待てども待てども動かない....
結局京都に着いたのは22:30というかなり遅い時間でした。

自由席を取っていたのですが、座れなかったら地獄だっただろうな。
皆さんはケチらず指定席を取ることをオススメします。

ちなみに私が宿泊したのは四条河原町のあたりにあるスーパーホテル。

http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/shijyo/

楽天トラベルを使って予約したら、6000円ぐらいだったでしょうか。

天然温泉があって、中々良かったですよ。京大からもそこまで遠くないですし。

前日は、持ってきていた参考書二つと、英語の参考書を読むくらいの軽めの勉強で終えておきました。ちなみに持っていった参考書は

公務員試験論文答案集 専門記述 憲法


公務員試験論文答案集 専門記述 行政法

速読速聴 英単語 advanced1100

です。

天然温泉にテンションを上げつつ24:00くらいに就寝。もう少し早めに寝たほうが良かったかな。


この記事を通して伝えたかったことを、以下でまとめときますね。


【試験前日のポイント】

・試験前日にどんなアクシデントがあるかわからない。実家が関西にある人は前々日くらいから京都近辺に行くのがオススメ

・新幹線は自由席ではなく指定席で。座れないと勉強できないし疲労めっちゃたまります

・前日の宿泊場所は京都駅近辺もしくは三条~四条あたりがオススメ。京大最寄りの出町柳周辺にホテルはありません

・前日はがっつり勉強しすぎず息抜きしてください。一次試験かなりつかれますので

次は筆記試験当日の記事を書きますね-!












 

こんにちは。多田です。最近大学院の自主活動や民間企業のサマーインターン申し込み、人付き合いなどで更新サボってしまいました。

またこれから更新がんばります。よろしくお願いします。

それでは内容に入りましょう。京大公共政策の概要編、自己申告書編、筆記試験編ときて、今回は口述試験編です。

※私が受験した時の対策ですので、年度によって内容が異なる可能性があります。ご了承ください。


口述試験って?

口述試験とは、筆記試験の点数が合格点を満たしていた人が受ける二次試験のこと。一次試験の点数と二次試験の口述試験の点数の合算で合否を決めます。

要するに、一次試験の点数が良くても口述試験が悪かったら落ちますし、一次試験の点数が悪くても口述試験の点がよかったら合格できるということですね。

 成績開示したところ、口述試験の点数で8点ぐらい差があった人がいました。案外この試験は侮れないです。
 


京大公共の場合、面接官二人に対して受験生一人。面接官の一人は教授で、もう一人は実務家(元官僚や民間企業出身など)です。

京大公共の説明会に参加していた人は、どの教授や実務家にあたったのかが分かるでしょう。私は出ていなかったので誰に面接されているかは全くわかりませんでした。

ちなみに、私の面接官は教授がS先生、実務家がK先生だったみたいです。


面接の場所は筆記試験と同じ京大の吉田キャンパス。
まず受験生は一つの部屋に集合し、そこから名前を呼ばれて面接官の待つ部屋に向かいます。

そこで、10分~30分くらいの面接を受けます。私はかなりえげつない圧迫面接でした。

合格した同期に聞いたところ、圧迫どころか進路相談みたいな感じで終わったという人もいました。
面接官や自己申告書の内容によってかなり面接が違うようです。

口述試験で聞かれた内容

基本は、一次試験の前に提出した自己申告書に沿って面接。私が受けた中では突拍子もない質問は飛んでこなかったです。

自己申告書で書いた内容は
①本大学院を志望する動機・および目的
②入学後の学習方針・計画
③修了後の展望
④その他、特にアピールしたい点

でしたね。

まず一番最初にされた質問が、

「君の志望理由の内容良くわからないんだけど説明して」


というもので、これが圧迫かぁぁぁ!!!ってなりました笑


そこから志望動機についてはあまり深く聞かれず、②の入学後の学習方針・計画に入ることに。

ここの質問がきついのなんのって。

私は社会的包摂について研究したいと書いたところ

「君の考える社会的包摂の定義は?」

から始まり

「君は生活保護が逆機能を起こしていると書いてあるが、それでは代替案を言ってください」

というようなかなり高度な質問まで飛んできました。


他にもかなり厳しい内容ばかりだったんですが具体的にどんな質問だったのか忘れてしまいましたね。
自己申告書の内容ついて深く問われたのを覚えています。



②入学後の学習方針・計画に関する質問が終わった後は、
③修了後の展望についての質問です。

ここについてはそこまで詳しく問われることがなく、

「うちの大学院では公務員試験対策するつもりはないけど知ってるよね?」

だったり、

「今年官庁訪問回るの?」


みたいな軽い質問でした。国総受験生だったので、民間企業を第一に書いていたら飛んでくる質問も変わるかと。


ただ、ここでは絶対気を抜くことはできません。


こういう質問が飛んできた時は、こう答えるのがベストです。


「公務員試験対策は自分で既にやっているから万全です」

「官庁訪問は1回生の時は絶対に回りません。一回生で試験に最終合格しても、二回生の時に官庁訪問に回ります。」

うちの大学院は1回生で官庁から内定をとった場合、基本的には大学院を中退することになります(授業の取り方によっては働きながら取ることもできますが、かなり難しいです)。
この点は東大公共と違ってうちの大学院のデメリットですね。

また、1回生で中退を考える人に対しては、先生方が直接面談して引き止めることをします。つまり、先生方は一回生で内定をとって中退するのでなく、二回生になってから、内定をとって卒業してもらいたいのです。
それは先生からも直接聞いたので、間違いない情報です。

仮に一回生で官庁訪問を回りたいと考えている人でも、上記の点に関してはそう答えることが絶対にオススメ。


④その他、特にアピールしたい点については一切触れられませんでした。結構ネタ仕込んでたからここについても触れて欲しかったなぁ笑


面接はこれでおしまいでした。

学習計画のところで学術的な内容を書いたところが、厳しい面接になった理由だと思います。

自己申告書の内容を「取りたい授業」について書いていた場合は、深く問われることは無かったでしょう。


といっても、筆記試験の点数が芳しくない自分にとっては、厳しい質問にうまく返す方が点数が上がるので助かりました。

面接の最後で「君が言っていたことはよく理解できた」と言われたので、自分にとっては大成功の戦略だったと言えるでしょう。


口述試験対策

「自己申告書の段階から口述試験は始まっている」

自己申告書の内容で面接が大きく変わります。
自己申告書の内容で口述試験の合否が決まるといっても過言ではありません。

そして、どれだけ時間がなくても自己申告書は添削してもらいましょう。

公共の在学生、大学のゼミの教授、予備校の先生。利用できるものは全て利用してください。


面接練習に関しては、一次試験合格後からはじめました。
一緒に公共を目指していた受験友達、官庁訪問に回った経験のある友達と朝から晩までカフェで面接した日もあります。二次試験前日も京都で受験友達と面接練習していました。

志望理由や、研究したい内容については緊張してもスラスラ言えるくらいまで練習するのがオススメです。
学術的な内容を書いた場合は、その分野に関する本(新書でいいかと)を3冊くらい読んで知識を深めるように。

また、想定問答集をつくるのも大切です。想定される質問を全て書いて、どのように返せばいいか。これをやっておくだけでも本番でうまく返せるかどうかがかなり変わります。


最後に

ここまで読んだ方。「うわぁ、口述試験大変そう・・・」と思ったでしょう。



ハッキリ言います。それは面接官次第です笑

優しいと評判のO先生に当たった人は、

「趣味はなに?」

とかそんな雑談と進路相談で終わったらしいですし。

といっても、当たる面接官は選べないので、厳しい口述試験になることを想定して対策を講ずるに越したことはありません。

もう一度いいます。

一次試験合格後、自らの持っているリソースを最大限に活用して面接対策をする

これが大切です。出来る限り対策をしましょう。

私と一緒に勉強していた友達は、口述試験で不合格になりました。

ですので、筆記試験の結果が良くても油断しないように。


口述試験編は以上になります。次回は京大公共受験体験記についてでも書こうかと。

こんにちは。多田です。今回も京大公共受験対策シリーズについて書きます。

今回は筆記試験編。受験する方は参考にしてください。


筆記試験概要

京大公共の筆記試験は

必答問題:英語

に加えて、以下の科目の中から2つを選択するという形式になっております。

憲法※
民法※
行政法※
国際法※
政治理論
政治史
国際関係
行政学
経済理論
経済史
経済政策
経営学
会計学
経済数学

※は試験用六法貸出あり

私は国家総合職試験法律区分を受験していたこともあり、法律科目はそれなりに勉強していたので
憲法
行政法
の2科目を選択しました。

国総法律職の受験生が受験する上で選びそうな科目としては
憲法
民法
行政法
国際法

があると思います。

東大公共と併願する方は国際法を選ばれる方が多いのではないでしょうか。
私は東大公共を併願しておらず、且つ国際法はそこまで勉強をしていなかったので、国際法の選択をしませんでした。


国家総合職法律区分でのメイン3科目の中、民法を選ばなかった理由は

・問題が難しいから

に尽きます。

過去問を見てもらえれば分かる通り、憲法、行政法が一行問題なのに対して、民法は事例問題の難易度が高めの問題となっています。

民法が得意な方は選択するといいと思いますが、国総法律職受験生で、民法にそこまでこだわりのない方は

憲法
行政法


の二科目選択が個人的にオススメです。

それでは、これから試験対策の内容について書いていきますね。

※私が受験した年度の問題に関しての勉強法なので、今後問題形式が変わった場合、通用しない可能性があります。ご了承ください。

英語試験対策

※私の英語力は大学受験期にセンター英語182点、早稲田大学の一般入試に合格する程度のレベルでした。TOEICは高校2年の時に650点を取って以来、一度も受けていません。
大学在学中は英語サークルに所属していましたが、日常的に英語に触れていたり、留学経験があるわけではありません。以下の文章を読む上で念頭に置いといてください。


東大公共はTOEFL、一橋公共はTOEICが必要になりますが、京大公共は両方とも必要ありません(英語力の証明の為に提出することもできます)。

その代わり、英語試験が必修となっております。そして、この試験が大変難しい。
TOEFLや大学受験における早慶レベルの英語長文を想定していてください。

憲法、行政法は比較的難易度が低いので、英語で試験結果の命運が分かれている気がしました。

私が受験する時まで過去問が公開されていたのですが、どうやら今年から過去問が公開されなくなったみたいですね。著作権上の問題でしょうか。

ですので、どんな感じの問題が出題されたかについても書きたいと思います。

・問題について

3つの英語長文の中から2つを選択し、日本語訳をするという問題が出題されました。2013年度のまでの試験問題は、全て同じ形式です。

3つの英文はジャンルが分かれていて、

法律系
政治or経済系
国際系

に大別されます。

年度によって英文の難易度がかなり変わるので、3つともバランス良く勉強して本番で簡単なものを選択するという戦略を取るのが賢明でしょう。

私は国総法律職の勉強をしていたということもあり、法律系の問題ばかり対策していたのですが、本番で出題された法律系の問題があまりにも難しかったので経済or政治系と国際系を本番で解きました。

ちなみに、本番はボールペンのみ使用可能でシャーペンみたいに消すことができないので、難しい英文を選択してしまっても変更することはできません。本当に気をつけて・・・

2013年度で私が解いた問題は

政治or経済系:世界各国の政治体制(アメリカ、イギリスなど)
国際系:国際援助について

でした。2012年度の法律は裁判員制度とかだったような気がします。

前提知識があるとスラスラ解ける問題が多いので、上記テーマに関する知識を幅広く入れておくと本番助かります。

・私が使用した参考書

基本的には大学受験で使うような単語帳、参考書で問題無いと思います。

[単語帳]
単語王

院単

[構文把握]
ポレポレ英文読解プロセス50

[文章読解]
速読速聴・英単語CORE1900

速読速聴・英単語advanced1100

速読速聴・英単語opinion1400

テーマ別英単語ACADEMIC 人文・社会科学系


・勉強法

勉強の流れとしてはこんな感じです。まず、単語王(大学受験の際に使ってた単語帳でいいと思います)でボキャブラリーを増やし、同時並行で文章読解の英文をノートに訳します。手書きする時間が勿体無かったので、私はノートパソコンでカタカタ入力してました。

次に、訳した英語と日本語訳を照らしあわせ、間違っていたところを修復します。本番で出そうな単語をメモ帳にまとめるのも勉強になるかと。

最後に、訳し終えた文章を家で音読するという流れをほぼ毎日繰り返しました。

他にも、過去問の英文を留学経験のある友達に訳してもらい、自分でも英文を和訳して答え合わせというのをやっていたのですが、今年から過去問が公開されなくなったのでこれは出来なさそうですね。


上記参考書に拘らなくても、それなりにハイレベルの語彙が乗った単語帳と、社会科学系の英文と和文が乗った本(法律、政治経済、国際系)で代用できるでしょう。

私はやらなかったのですが、国家公務員用の政治学や行政学をかじっていたら本番もっと楽になっただろうなぁって思います。


本番は2つ目の長文が1/3くらい白紙でしたがなんとか一次試験は通過できました。長文の量が多いので、全文訳しきれなくても及第点は取れるみたいですよ。


【憲法・行政法

・問題について

対策法が似ているのでまとめて解説しますね。

こちらは国総の事例式と違って一行問題が中心なので、殆ど暗記するだけでオッケーです。一応予備校のテキストで全体を復習しましたが、国総受験生は早速暗記に取り掛かっても問題無いと思います。

・使用した参考書

使用する参考書は憲法・行政法とも同じ種類で、早稲田経営出版から市販されている

公務員試験 論文答案集 専門記述 憲法

公務員試験 論文答案集 専門記述 行政法

で十分だと思います。これだけだと本番が怖い人は、

論文基本問題 憲法120選

論文基本問題 行政法120選

を追加でやればいいでしょう。

まれに上記の本だけでは対応できない問題があります。
でも、そういう問題は他の人も殆ど解けないのでそんなに気にする必要はないと思いますよ。

・勉強法

勉強法は簡単で、ひたすらテキストを読んで暗記。音読も効果的です。
定型文を暗記カードに書いて覚えたりもしました。

ただ、暗記だけだと本番で書き方がわからなくなるので、1週間に1回くらい問題を解くことをオススメします。
パソコンで書くのもいいと思いますが、たまには手を動かして書かないと本番で痛い目に合うのでご注意を。
これは英語の勉強法にも言えることですね。

また、過去問で出た問題はかなりの確率で試験にでないので、時間がない人は捨ててしまっていいと思います。
私は余裕がなかったので捨ててました。

さらに、行政法とかの条文ゲーの問題(e.g.義務付け訴訟について論ぜよ)もやる必要はないと思います。六法が貸し出されるのでそれをそのまま写せばいいだけなので。

上記のような考えを持ち、条文ゲーの問題は100%出ないだろうと思ってたかをくくっていたら、なんと出ました。

出たといっても、六法の条文写すだけの作業で高得点とれたので問題はないと思います。むしろそんな問題出すなよと本番中怒りそうになりました笑
教授側が六法貸出可能なのを知らなかった可能性もありますね。そうでなければ作問ミスじゃないかな笑


【筆記試験まとめ

英語・憲法・行政法の全てをバランス良く勉強するのが一次試験合格のコツです。

あと、問題は過去問を分析して予想すればかなり当たる(私は憲・行4問中2問を的中させました)ので、ヤマを張るのもありだと思います。

勿論ヤマを張った部分しかというリスキーな選択肢は、本当に追い詰められている時以外オススメできませんが。

何か質問がございましたら、コメントを書く、私のtwitter「tadacchi_923」に絡むのどれかをお願いします。

筆記試験を受験される皆様が、無事に合格されることを祈っていますね。

↑このページのトップヘ